SANGOになれた喜びをかみしめています

【幕末志士】の「多弁探偵SAKA」について語らざるをえまい

ある日、YouTubeの自動再生で流れた知らない人の実況動画、

いつもならさくっと止めてしまうんだけど、

この人達は停止できなかった・・・!だって面白かったから!!

幕末志士とは

自分はニコニコ動画ってあんまり観ないんだけど、このニコニコ動画で有名な人たちらしい。

「坂本竜馬」と「西郷隆盛」になりきったおっさん2人組のようです。

YouTubeってネットがつながってれば誰でも見れる、オープンな世界じゃない。

でもニコニコ動画って会員登録しないと見れないクローズな世界なのよね。

そのクローズな世界で、1000万再生の動画を2本(2017年12月現在)所有してるってやばいでしょ。

再生数上位を占めている動画で、音楽とかアニメって何回もリピートで再生するのわかるけど、ゲームの実況動画ってそんなにリピートで再生しなくない?

でも今ならわかる、この人たちならリピートするわ!

ゲーム実況動画への道

これ、縁のない人にはとことん縁のないジャンルなんじゃないかなー。

そもそも自分は、

  • 父や姉がゲームしてるのを観るのが好きだった
  • 父のバイオハザードのナビゲーター役してた
  • 父がバイオ4で詰んだので攻略方法を検索してた

まずこんな感じで、人がゲームしてるの観るのが好きっていう土台があって。

そんでバイオおなじみ、壁走りばかりする父のナビをしてたのだけど、あまりにも下手すぎて詰んじゃったのね、その解決策として攻略情報を探していたら、攻略動画にたどり着いたわけです。

ただ意外とね、赤の他人の一般人の声を聴くのって結構抵抗あってさ。最初はテロップのみの動画、それから機械の音声がしゃべる動画、

という感じで、生きてる人の声が入った動画観るようになるまで1年ほどかかってます。今でも自分は知らない人の声が入った動画は苦手で。

さて、そんな他人の声が苦手な中の人が、なぜ、幕末志士の動画は観てしまったのか?!

ここからが本題だ!!!

ザァン!!

自分が最初にみた動画は、これでした。

 

どう?

びっくりじゃない?サムネすごくない?

なにこれ?って思わない?自分もそう思いました。

冒頭からゲラゲラ笑う彼らの話し言葉に、何か安心感を覚え、停止せずに観てしまった・・・。

そしてゲーム開始後の「バカタレコノ」でハートを鷲掴みにされました。

バカタレコノとこのイントネーションはソウルフルワードですからね。

ミギーーー

まずこの多弁探偵SAKAというゲーム、西郷さんが作ったゲームのようです。「逆転裁判」の影響を受けた「推理ゲーム」らしいのですが、サムネのシルエットでわかるように、

「かまいたちの夜」っぽい雰囲気も醸し出してます。ですがあのゲームほどテキスト主体ではなく、そこは「逆転裁判」のように、会話が主体でゲームが繰り広げられています。

その西郷さんが作ったゲームを、坂本さんが初見プレイするというスタイル。

ん?ゲーム?これはゲームなのか?

ゲームがフルボイス

このゲーム自体、「幕末志士が実況から引退した後、探偵を始めた」パラレルワールドなので、主な登場人物が坂本さんと西郷さんなのですが、この西郷さん、フルボイス仕様。

自作ゲームだけならまだしも、フルボイスて・・・。その後登場するナオンさんなる女性も西郷さんのボイチェンだそうなので、この作り込みにまずびっくりした。

アイキャッチというセンス

こちら、一応「推理ゲーム」らしいのですが、ゲーム内でアイキャッチが入ります。言ってる意味わかんないよね。ほんとわけわかんないよね。

アイキャッチ入れるセンスもすごいけど、挟まれたアイキャッチのセンスも半端ない。使用している音楽のセンスもすごい。

もしかしたら割と適当に、雑にフリー素材から選んでるのかもしれないけど、たぶん動画のが最適解だから、自然にチョイスしてるのはそれはそれですごくない?

そして最後にエンディングが入るのですが、こちらも西郷さんのセンスが爆発しています。まじぱねぇ。脱帽。

ポテンシャルがすごい

これまで西郷さんについて書いてますが、坂本さんのポテンシャルも半端ない。

これはパラレルワールドのていで進んでいるので、ゲーム内の「坂本さん」のセリフも、現実の坂本さんに合わせて西郷さんが書き上げたもののようです。

ゲームを進めながら、ゲーム内の「坂本さん」のセリフを読み上げていくのですが、「多弁探偵」だけあってめちゃセリフが長い。

それを噛まずにスラスラ読み上げたあげく、的確に突っ込みを入れていく坂本さん。

語彙力や滑舌の良さもそうなんですが、西郷さんが坂本さんの為に立てたフラグを見事に回収していく様は、本当にすごい。圧巻。なんだこれ。

バァーーー!!

ゲーム開始冒頭で、西郷さんが「やっぱ声のるといいなぁ」「作った甲斐がある」と発言しています。

ここに物事の本質があるな、と思うのです。

あと20分弱の動画ですが、この2人は終始笑いっぱなしです。単純にここまで笑い続けてるのってすごくない?あたまおかしいんじゃないの(動画内のセリフより)

あと最初、声が似てるのでどっちがどっちかわかりませんでした。

あと、YouTubeにはこの人たちの違法転載動画が山ほど出てくるので、気を付けましょう!今回の動画は当然ご本人のものです!

まとめ

年に数回、衝撃を受けるものに出会うことがあるのですが、それは漫画だったり、音楽だったり、コントだったりジャンルは様々なのですが、

今年の下半期びっくり大賞は、「多弁探偵SAKA」でした!

こういう人達もいるんだなっていう発見もありましたし、何よりやっぱり、プログラムで何かを作るっていいな、自分は西郷さんのように、目の前でしみじみ実感する機会はあまりなさそうだけど、

でもいつか「作ってよかった」と思えるような、何かを作りたいな!っという創作意欲をいただきました。

そんな幕末志士さんをフィーチャーして見出しにニコモジを使ってみましたよぉ!

※ニコモジが漢字に対応してなかったため、見出しが不自然にカタカナを使っていることをご了承ください。

 

次回は、伝説のシティボーイズ「黒いバターになってしまった」話でもしたいな!

そんじゃお疲れさまでしたーーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください