SANGOになれた喜びをかみしめています

決断しろ!パーマリンク設定を変えたらリダイレクトだ!

ほんとはFont Awesomeについて書きたかったのだけど(フォントだけにね・・・!)、また適当にやってたら大事件が発生!

この勢いで書くしかない!

わしはうっかりパーマリンクの設定を変えてしまったのだ!

 

 

※この記事を書いた後、数日間記事がインデックスされなくなってしまいました。その件について最後に追記してます。

※この記事ではさくっと.htaccessいじってますが、ほんとにすごく危険を伴うことですので、作業される際は自己責任でお願いします。

 


 

 

ちょっと前、パーマリンク変えたって漏らしたのだけど、それはあくまで日本語表記のURLだったのを、途中の記事からローマ字にしたってだけで設定はいじってなかったの。

そんで今回ね、もともとURLにね、年月日入ってるから、これいらなくね?つって。邪魔じゃね?つって。

パーマリンクの設定を変えたわけですよ。

パーマリンクの設定

ダッシュボードの「設定」→「パーマリンクの設定」ってあるのですが。

ここを、こうこうこう、

したわけですよ。

そんで他のことしてたわけ。そんで何の気なしに、Twitterからで自分で投稿した記事ページ開いたの。そしたら・・・

お探しのページが見つかりません。

これが突然出てきて。いやいや、さっきまで開けてたじゃないの!なんだって突然気を悪くしたのよ!なんかやったかい?気を悪くすることなんかやったかい?つって。

って思ってダッシュボードからURL確認してみたら、勝手に!

「https://sekkakudakara.com/2017/09/27/page_single_1/」が

「https://sekkakudakara.com/page_single_1/」に、なってたのですよ。

そんで初めて、パーマリンクの設定変えたら、根こそぎ変わるんかい!!と気づいたわけです。

とりあえずURLなおそ

落ち着け!手入力できるでしょ!とりあえずなおそ!

ってURL、編集できるでしょ、それを「https://sekkakudakara.com/2017/09/27/page_single_1/」にして保存したら、「https://sekkakudakara.com/20170927page_single_1/」

ってスラッシュ全部消えるんかい!つって。

これはどうしよう、元に戻そうか、でもこのまま年月日入ってるのまじポン(ずっとまじポンって使ってたら予測変換で出るようになったわなんだこいつかわいいな)邪魔くさいし・・・

こうなったら・・・

決断しろ!

決断するなら今だ。

だって記事11個しかないし。

アクセス数全然ないし。

そりゃ当然なんだけど。

始めて20日くらいしか経ってないし。

でもさ・・・

あたしだって・・・

頑張ってるんだよ・・・?

こんな・・・

こんなことって・・・ないよぅ・・・!

 

 

リダイレクトしよう!

リダイレクトっていうのは、さっきみたいに、ページないよ!って言われたページに別のページへ転送(移動)かけることね。

これによって、Googleさんにも「ページないわけじゃないっすから!」って評価が0にされるの防げるし、来てくれた人も、あれれ~?ってコナン君にならなくて済むから、事件が減ってみんなハッピーです。

プラグイン?使わない!.htaccessだ!

プラグイン使えば悩まず終了するのですが、あんまり入れすぎるのも嫌なので、リダイレクトくらい自分でやろーって思ったのが今回の山場ですね。スタバにすでに4時間いるんですけどね、山場来ましたね。

さて!今回はよくわからないファイルいじりました!

サーバーの直下にいる、「.htaccess」です!えいちてぃーあくせすって読むらしいぞ。

色々調べた結果、.htaccessの一番上に下記を追記しました。(実際は11個分の転送書きました、長いのでカットしてます)

「# BEGIN WordPress」の上に書いてねって注意書きされてる方いらっしゃいましたが、シンプルに一番上でよさそうです。

# リダイレクト設定
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^2017/09/26/mhxx3/$ https://sekkakudakara.com/mhxx3/ [R=301,L]
RewriteRule ^2017/09/27/page_single_1/$ https://sekkakudakara.com/page_single_1/ [R=301,L]
</IfModule>

<IfModule mod_rewrite.c>~</IfModule>の中が重要なのですね。

2行目の「RewriteEngine On」で書き換えの設定をONにしてるらしいです。

3行目の「RewriteBase /」でサーバーを指定してるらしいですよ。

そんで

「RewriteRule ^2017/09/27/page_single_1/ https://sekkakudakara.com/page_single_1/ [R=301,L]」

RewriteRule →リダイレクトするルールやで

^ →簡単に言うと、「RewriteBase」で一致してる部分だから省略したよって感じかな、「https://sekkakudakara.com/」にあたる部分かしらね。

^2017/09/27/page_single_1/ を https://sekkakudakara.com/page_single_1/ に飛ばしますよ、と。

[R=301,L]  →「R=301」は「永遠に移動します、元のURLには戻ってきません」ってことをGoogleさんに言ってるらしい。「R=302」だと一時的に転送かけてるだけでいずれ元のURLになりまっせ、ってことらしい。

「L」はLastのLなんですって。おそらく、改行だけじゃ・・・伝わんないよぉ!みたいなことなので、L(ここが処理の最後やで)って明確に教えてあげてるんだと思います。

これらを、.htaccessの一番上に追記して、上書き保存して、もちろんバックアップも取っといて!!

FTPで上書きしました!おらぁ!!

出ました!

 

ぎゃあああああああぁぁぁぁああああああああ!!!!!!

ででででででも大丈夫、ばばばバックアップとってあるから!

震える手で取っておいた.htaccessさんを上書きして、サイトの表示を元に戻して、落ち着け落ち着け・・・と。

ここからさきの対処法は、探しても見つからなかった情報です。

多分常識だから、だと思います。

この原因、

 

 

 

 

シフトJISで保存してたからだった!!

UTF-8で保存しなおしたらちゃんとページも表示されるし、リダイレクトするようになった!!

良かったー!一安心!

この他にもドメイン変更したとき一括でリダイレクトかけれたりとか色々なパターンの方法があるようですが、500エラーがめちゃ怖かったので、私が成功したところだけ書きました。

※私はこの方法でうまく行ってますが、全員そうなるとか限らないので、もしやるなら、かならず.htaccessのバックアップ取っておいて、いつでも元に戻せる状態にしておいた方がよいです。こちらでは責任負いかねますゆえ。。。

不安なら素直にプラグインで良いと思います。

 

お疲れさまでしたーーー!!!

 

※リダイレクト設定できる条件があるらしいですが、自分は調べずにやっちゃいました。なのでferretさん置いておきます。

※.htaccessはFTP開いてすぐにいます。スターサーバーの無料プランやつだと、FTPを開いても強制的に「wp-content」フォルダの中しか行けないので、リダイレクトの設定できません。もしかしたらプラグインでも出来ないかもしれません・・・。

2017/10/6 追記

この記事を公開したあとから記事がインデックスされなくなってしまいました。.htaccessいじったせい?!なんか間違った?!

この次の記事、エクスデスさんの名言から始まってるからパクリ判定された?!えええ?!

と色々焦ったのですが、とりあえずサーチコンソール(バズ部さんで説明してくれてます)に登録してまずはこの記事を手動でインデックスさせました。

ですがその後も検索でひっかからず、

「site:記事のURL」でインデックスされたかの、まぁ、目安なんだけど、検索してチェックしてもひっかからず・・・

なんでやぁぁぁぁ!!!ってあたふたしてるうちにこの記事やこの後のエクスデスさんもインデックスされていました。

おそらく?パーマリンク設定を変更=一気にURLを変更したってことになるので、それでGoogleさんが戸惑ってたのかな・・・?

ただその他に、カテゴリもローマ字表記に変えたのですが、こちらインデックスされておらず、そもそもカテゴリはリダイレクトしてないのに、勝手にリダイレクトされたりされなかったり、サーチコンソールさんでもサイトマップでエラー出てるし訳が分からない状態です。

なのでこれに便乗して!!

(どうせほとんど人来ないし)今のうちに!!

常時https化していこうと思う!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください