SANGOになれた喜びをかみしめています

Local by Flywheelを使ってローカル環境でサイト構築だー!!!

さて!いろいろややこしいことして行きたいのでね、やっとのことでここでローカル環境構築だ!

いろいろすったもんだありましたが、なんとか無事?できたでよ!

多分もっとも簡単な方法なんじゃないかな?!

Local by Flywheelをインストール

ということでいつもお世話になっております、寝ログさん!

こちらの方法でインストールして設定していきます。

このとき、PHPのバージョン確認などで、レンタルサーバーの管理画面にログインするかと思いますが、私のような悲劇を起こさぬようご注意くださいね!

1点だけ注意なのですが、インストールして設定後、「ADMIN」「VIEW SITE」はChromeで開きましょう!

自分はEdgeで開いたらエラーが出て開けませんでした!

この情報は意外と載ってないので要注意ですよ!

さて無事設定が完了したら、自分のサイトをローカルに持ってこなくてはいけません!

そのためにはFTPがあったほうが色々安心ですのでね、こちら使用してない方はこれも設定しておくとよいですよ!

まぁ、ローカル環境に自分のサイトを構築しようとしているなら、もう使用中かと思いますが!

データベースをダウンロード

さて、ここではこちらのサイトさんを参考にさせていただきました!

さくっと説明しますと、

  • ローカル環境のwp-config.phpをローカル用サイトURLに修正
  • プラグイン「BackWPup」でSQLをダウンロード
  • プラグイン「BackWPup」でバックアップファイルをダウンロード
  • ダウンロードしたSQLファイルの修正
  • ダウンロードしたバックアップファイルの、wp-contentフォルダの中身をローカル環境のwp-contentフォルダに上書き
  • ダウンロードしたSQLファイルをローカル環境へインポート

こんな感じですね。

ここでですね。

わたくしに起きた問題がありましたので、「こんなことがあったけど大丈夫だった」ご報告!

バックアップファイルをダウンロード出来なかった

プラグイン「BackWPup」で定時でバックアップ取っているので、それを普通にダウンロードしようとしてですね、時間がかかるので放置していたのですが、何度やってもエラーでダウンロードできませんでした。

そのため、wp-contentフォルダの中身を上書きする際、FTPからwp-contentフォルダに入り、そのデータをローカル環境にまるっと上書きしました。

SQLファイルのインポートでエラーが起きた

参考にさせていただいたあふいぶさんで書かれているように、データベースのバージョンが違っていたのでutf8mb4~に関する置換もしたのですが、エラーが出てしまいました。

ですが、特に問題なく表示されていますので、ほっといています!

まとめ

今回、Local by Flywheelというものを使用しましたが、色んな方が言ってることですが、これが現状一番簡単なのでは?

と思います。なぜかと言いますと、他の方法でローカル環境に自分のサイトを作ろうとすると、あれインストールしてこれインストールして、そこから○○を開いて△△に修正してあーだこーだ・・・

今回も色々SQLとかPHP修正してるじゃん?って感じなのですが、今回の修正部分、WordPressいじってると意外と身近なものの修正なのですね。

なので修正がとっつきやすい。わたしにとってはこれが一番の利点と感じました!

見慣れたもののほうが安心して取り掛かれますからね!

ということで、気になってる方は一度やってみたらいいのではないでしょうか?

よーし、これで色々開発だー!

そんじゃお疲れさまでしたーーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください